近年日本では海外からの旅行客の姿が増えています。以前は国内でも東京や大阪など主要都市がメインでしたが、最近は地方に出向く人も多く、地方でも外国人ゲストと遭遇することも珍しくありません。例えば飛騨高山など日本の文化が色濃い場所なども人気です。
旅行ガイド等の仕事を希望されている方もいることでしょう。2020年開催予定の東京オリンピックなども控えており、旅行ガイドについても需要が高まっています。旅行ガイド関連の資格を取得する人も出始めています。

旅行ガイドの資格は就職にも便利なのか?気になる人もいることでしょう。せっかく資格を取るなら仕事にも有利なものを選択したいという気持ちはよく理解できます。
就職や転職の面からも資格取得はおすすめです。履歴書の中でも立派な経歴となります。資格の取得は知識についても広がりを持つことが可能です。またスキルアップの面でも重要な役割を果たします。自分自身のキャリアを考えた場合、資格はとっておいて損はありません。とりあえず現在の会社に何となく就職したという人で実は

旅行ガイドになりたいのであれば、仕事以外の時間を活用して資格取得をするのもおすすめです。
旅行ガイドの資格の取得で人気が高い国家資格として「旅行業務取扱管理者」や「通訳案内士」などがあります。こちらの国家資格ですが1度取得すれば資格としてその後も活用できます。有効期限などもありません。

実務と関連性の高い資格とし高い人気となっています。国家資格は資格の中でも確実性が高いものなので、ぜひとも取得したいところです。
仕事が激務の人は勉強との両立が難しいといった人もいるかと思います。勉強する上で一定の時間確保は必須です。もし仕事柄、勉強するのが無理なようなら仕事をあきらめてバイトに切り替えるなり工夫が必要です。また昼休みや通勤時間などを活用して1日2時間は勉強時間を確保させたいところです。
自分が望む資格取得に向けてどのくらいの勉強時間が必要なのか?その点を見極める必要があります。資格のための勉強時間を取れないなら、何かをあきらめる必要があります。その点も要検討事項です。仕事と勉強の両立は非常に厳しいものです。テレビやインターネット、友人らとの時間もカットする必要があります。勉強に集中
できる環境づくりからスタートしてみてはどうでしょうか。

比較的難易度があまり高くないものからチャレンジしたいといった人は旅行地理検定4級や旅行地理検定3級、日本の宿おもてなし検定初級などからスタートしてみるのも良いでしょう。これらの内容は旅やガイドのことはもちろん、おもてなしに関する内容にも触れています。