p1220390-533x400

全国各地の旅行ガイドがあればとても役にたちますよね?今ではインターネットで旅のお供として多くのサイトが存在していますが、特に観光ガイドはスカイチケットが発信している情報がとても役に立つのではないでしょうか?

そんな旅行情報を発信する旅行ガイドですが、実際に職業としても存在しています。まさに旅行好きにピッタリな職業でもあります。趣味が旅行といった人はそれこそ天職かと思います。とはいえ、どうやったら旅行ガイドになれるのか?と疑問を持っている方もいることでしょう。ガイドに転職したい、あるいはやってみたいと思うならガイド関連の資格取得を検討されてはどうでしょうか?資格はあったほうが就職にも有利です。もっておいて損はありません。特に今は追い風です。2020年に開催される東京オリンピックに向けて急ピッチで人材募集が行われています。また人材育成についても大きな課題です。

どういった資格が有効かというと通訳案内士や旅程管理主任者などがおすすめです。こちらは資格の中でも急成長している資格でもあります。ただ単にガイドをするというだけではなく、企業の新たな事業展開に加える計画がなされているところもあります。そうした波が大企業にも押し寄せています。旅行業の人はもちろん、それ以外の人でもボランティアなどに参加できるよう旅行業務取扱管理者の取得を目指す人もいます。

東京オリンピックに何らかの形で参加したいといった人はボランティアについて検討してみるのもおすすめです。ボランティアでは国際大会やイベントなどで活躍できることしょう。可能であれば言葉の面でも活躍できるよう、英語の取得はしておきたいところです。もちろんそうした資格や語学ができるかでボランティアの参加が決定するわけではありませんが、できたほうが即戦力になります。大きな大会の場合、語学力や過去の経歴、資格などが参照される場合があります。ないより、あるにこしたことはないわけです。大会やイベントについては公式サイトでも公開しています。

例えば国家資格としては「総合旅行業務取扱管理国内旅行業務取扱管理者」があります。これは国内と海外の両方の旅行者を取り扱う資格です。管理や監視が主な仕事となります。みなさんも想像がつく通り責任あるポジションでもあります。

旅行会社については営業所に旅行業務取扱管理者を1人以上置かなくてはなりません。旅行業務取扱管理者は2種類ほどあります。1つは総合旅行業務取扱管理者、もう1つは国内旅行業務取扱管理者です。総合旅行業務取扱管理者は国内旅行の取り扱いとなります。国内旅行業務取扱管理者は海外旅行の取りか使いとなります。
これらの資格は両方とも簡単な資格ではありません。かなりの意気込みで資格取得にあたる必要があります。