旅行ガイドを仕事にしたいという人もいることでしょう。旅行ガイドは今もっとも注目されている仕事の1つです。2020年に東京オリンピック開催を控えており、東京オリンピックに向けて旅行ガイドの需要が高まっています。
特に外国人向けゲストへの対応が必須課題です。可能であれば英語なども習得しておきたいところです。

またハーフの方はその国の現地語についても対応が可能かと思います。日本語と現地語の両方で会話できればさらに幅が広がります。日本語、現地語、英語と3ヶ国語ができれば尚有利です。
ところで旅行ガイドですが資格が必要なケースも多々あります。どういった資格があるのか、そちらもチェックしてみるといいでしょう。旅行ガイドの資格は例えば国家資格の「通訳案内士」についても人気の高い資格です。

こちらの資格ではどういったジャンルで有効か?というと外国人に付き添い、外国語で対応するという国家資格です。つまり海外からのゲストを対象に仕事をすることになります。通訳ガイドは「民間外交官」という位置づけもあります。これはどういった意味かというと国際親善の一環です。語学力はもちろん、日本の歴史や地理、文化や産業などあらゆる教養が必要とされます。オールマイティーに対応することが大事です。
通訳案内士については活動に制限はありませんが、「地域限定通訳案内士」については活動拠点で制限があるので注意が必要です。こちらの資格は都道府県登録資格となります。

通訳案内士については非常に需要が高まっているものです。通訳案内士に興味がある方は思い切ってチャレンジしてみるのもおすすめです。
2020年の東京オリンピックをはじめ、外国語対応が可能となるとイベント等にも何らかの形で携わることができる可能性もあります。最近は旅程管理主任者と通訳案内士の両方を持つ人の需要が増えています。可能であれば両方の修得を目指しましょう。

平成27年度からは通訳案内士ガイドラインに改訂がなされています。試験科目の中でも歴史や地理など日本の観光地に関する内容が重要視されています。こちらの点についても興味深いところです。
歴史好きの人なら趣味の延長で取れる資格かと思います。自分の趣味と知識を生かして、海外のゲストを案内するのも良いでしょう。観光地理とも言われており、旅行
好きの人にもピッタリなジャンルかと思います。
仕事についてもできれば自分の好きなジャンルにチャレンジするのがベストです。