旅のお供に旅行ガイドは必須

p1220390-533x400

全国各地の旅行ガイドがあればとても役にたちますよね?今ではインターネットで旅のお供として多くのサイトが存在していますが、特に観光ガイドはスカイチケットが発信している情報がとても役に立つのではないでしょうか?

そんな旅行情報を発信する旅行ガイドですが、実際に職業としても存在しています。まさに旅行好きにピッタリな職業でもあります。趣味が旅行といった人はそれこそ天職かと思います。とはいえ、どうやったら旅行ガイドになれるのか?と疑問を持っている方もいることでしょう。ガイドに転職したい、あるいはやってみたいと思うならガイド関連の資格取得を検討されてはどうでしょうか?資格はあったほうが就職にも有利です。もっておいて損はありません。特に今は追い風です。2020年に開催される東京オリンピックに向けて急ピッチで人材募集が行われています。また人材育成についても大きな課題です。

どういった資格が有効かというと通訳案内士や旅程管理主任者などがおすすめです。こちらは資格の中でも急成長している資格でもあります。ただ単にガイドをするというだけではなく、企業の新たな事業展開に加える計画がなされているところもあります。そうした波が大企業にも押し寄せています。旅行業の人はもちろん、それ以外の人でもボランティアなどに参加できるよう旅行業務取扱管理者の取得を目指す人もいます。

東京オリンピックに何らかの形で参加したいといった人はボランティアについて検討してみるのもおすすめです。ボランティアでは国際大会やイベントなどで活躍できることしょう。可能であれば言葉の面でも活躍できるよう、英語の取得はしておきたいところです。もちろんそうした資格や語学ができるかでボランティアの参加が決定するわけではありませんが、できたほうが即戦力になります。大きな大会の場合、語学力や過去の経歴、資格などが参照される場合があります。ないより、あるにこしたことはないわけです。大会やイベントについては公式サイトでも公開しています。

例えば国家資格としては「総合旅行業務取扱管理国内旅行業務取扱管理者」があります。これは国内と海外の両方の旅行者を取り扱う資格です。管理や監視が主な仕事となります。みなさんも想像がつく通り責任あるポジションでもあります。

旅行会社については営業所に旅行業務取扱管理者を1人以上置かなくてはなりません。旅行業務取扱管理者は2種類ほどあります。1つは総合旅行業務取扱管理者、もう1つは国内旅行業務取扱管理者です。総合旅行業務取扱管理者は国内旅行の取り扱いとなります。国内旅行業務取扱管理者は海外旅行の取りか使いとなります。
これらの資格は両方とも簡単な資格ではありません。かなりの意気込みで資格取得にあたる必要があります。

日本各地の旅行ガイド情報

旅行ガイドという職業に興味がある方もいることでしょう。旅行に興味がある人なら、1度は頭に浮かぶ職業かと思います。仕事についても興味がないものより、興味があるものを目指したいところです。人生は1度きりです。特に20代はやりたいことができるチャンスなので、進んでチャレンジしてみるといいでしょう。

ところで旅行ガイドですが、まずは資格取得から考えた方が良いでしょう。新卒でそのまま旅行会社に就職するといった人もいるかと思いますが、資格があった方が給料もプラスになりますし、メリットがあります。時間があるのであれば急ぎ資格を取りましょう。

旅行ガイドに関する資格といっても色んな種類があります。その中の1つには「旅程管理主任者」という資格があります。これは旅行を企画するツアーコンダクターに義務付けられている資格です。ツアーコンダクターを目指したい人はこの資格を検討してみるといいでしょう。こちらの資格は国内向けと総合(海外も含む)の両方があります。可能であれば総合を目指しましょう。

資格取得はどういう風に行うのか?というとまずは観光庁長官の登録を受けている機関による研修が必要となります。この研修を旅程管理研修といいます。この期間で一定の期間実務経験を経て、研修を終えてから1年以内あるいは1回以上で受験資格が得られます。

旅行ガイドの仕事はツアーに参加しているお客さまの対応はもちろん、旅行の企画をスムーズに行うために交通機関などの調整も不可欠です。
また外国人を案内するためには通訳案内士の資格が必要となります。あれもこれもとなるとパニックになる可能性があるので、1つずつ資格取得を目指してみるのがおすすめです。まずは旅行関係の資格を取得し、その後に英語などを勉強される方も多くいます。

仕事をしながら勉強を検討している人は通信教育や夜間通学についても検討してみるといいでしょう。勉強の時間が取れない状態だと資格取得を目指しても意味がありません。自分の中で時間が取れるかどうか?、必死の覚悟で向き合うことが肝心かと思います。
旅行をスムーズに行うためにも資格でノウハウを取得することは大事なことと言えます。実務ともども頑張っていきたいジャンルです。

英語の勉強ですが、単語帳を見てこつこつやっていくのがベストです。可能であれば外国人と話す機会があればなおベストです。中学程度の英語でも十分通じます。
資格についてもこの機会にぜひご検討ください。みなさんにとって良い仕事が見つかりますように。

旅行ガイドの資格を見てみよう

近年日本では海外からの旅行客の姿が増えています。以前は国内でも東京や大阪など主要都市がメインでしたが、最近は地方に出向く人も多く、地方でも外国人ゲストと遭遇することも珍しくありません。例えば飛騨高山など日本の文化が色濃い場所なども人気です。
旅行ガイド等の仕事を希望されている方もいることでしょう。2020年開催予定の東京オリンピックなども控えており、旅行ガイドについても需要が高まっています。旅行ガイド関連の資格を取得する人も出始めています。

旅行ガイドの資格は就職にも便利なのか?気になる人もいることでしょう。せっかく資格を取るなら仕事にも有利なものを選択したいという気持ちはよく理解できます。
就職や転職の面からも資格取得はおすすめです。履歴書の中でも立派な経歴となります。資格の取得は知識についても広がりを持つことが可能です。またスキルアップの面でも重要な役割を果たします。自分自身のキャリアを考えた場合、資格はとっておいて損はありません。とりあえず現在の会社に何となく就職したという人で実は

旅行ガイドになりたいのであれば、仕事以外の時間を活用して資格取得をするのもおすすめです。
旅行ガイドの資格の取得で人気が高い国家資格として「旅行業務取扱管理者」や「通訳案内士」などがあります。こちらの国家資格ですが1度取得すれば資格としてその後も活用できます。有効期限などもありません。

実務と関連性の高い資格とし高い人気となっています。国家資格は資格の中でも確実性が高いものなので、ぜひとも取得したいところです。
仕事が激務の人は勉強との両立が難しいといった人もいるかと思います。勉強する上で一定の時間確保は必須です。もし仕事柄、勉強するのが無理なようなら仕事をあきらめてバイトに切り替えるなり工夫が必要です。また昼休みや通勤時間などを活用して1日2時間は勉強時間を確保させたいところです。
自分が望む資格取得に向けてどのくらいの勉強時間が必要なのか?その点を見極める必要があります。資格のための勉強時間を取れないなら、何かをあきらめる必要があります。その点も要検討事項です。仕事と勉強の両立は非常に厳しいものです。テレビやインターネット、友人らとの時間もカットする必要があります。勉強に集中
できる環境づくりからスタートしてみてはどうでしょうか。

比較的難易度があまり高くないものからチャレンジしたいといった人は旅行地理検定4級や旅行地理検定3級、日本の宿おもてなし検定初級などからスタートしてみるのも良いでしょう。これらの内容は旅やガイドのことはもちろん、おもてなしに関する内容にも触れています。

旅行ガイドを仕事にしたい

旅行ガイドを仕事にしたいという人もいることでしょう。旅行ガイドは今もっとも注目されている仕事の1つです。2020年に東京オリンピック開催を控えており、東京オリンピックに向けて旅行ガイドの需要が高まっています。
特に外国人向けゲストへの対応が必須課題です。可能であれば英語なども習得しておきたいところです。

またハーフの方はその国の現地語についても対応が可能かと思います。日本語と現地語の両方で会話できればさらに幅が広がります。日本語、現地語、英語と3ヶ国語ができれば尚有利です。
ところで旅行ガイドですが資格が必要なケースも多々あります。どういった資格があるのか、そちらもチェックしてみるといいでしょう。旅行ガイドの資格は例えば国家資格の「通訳案内士」についても人気の高い資格です。

こちらの資格ではどういったジャンルで有効か?というと外国人に付き添い、外国語で対応するという国家資格です。つまり海外からのゲストを対象に仕事をすることになります。通訳ガイドは「民間外交官」という位置づけもあります。これはどういった意味かというと国際親善の一環です。語学力はもちろん、日本の歴史や地理、文化や産業などあらゆる教養が必要とされます。オールマイティーに対応することが大事です。
通訳案内士については活動に制限はありませんが、「地域限定通訳案内士」については活動拠点で制限があるので注意が必要です。こちらの資格は都道府県登録資格となります。

通訳案内士については非常に需要が高まっているものです。通訳案内士に興味がある方は思い切ってチャレンジしてみるのもおすすめです。
2020年の東京オリンピックをはじめ、外国語対応が可能となるとイベント等にも何らかの形で携わることができる可能性もあります。最近は旅程管理主任者と通訳案内士の両方を持つ人の需要が増えています。可能であれば両方の修得を目指しましょう。

平成27年度からは通訳案内士ガイドラインに改訂がなされています。試験科目の中でも歴史や地理など日本の観光地に関する内容が重要視されています。こちらの点についても興味深いところです。
歴史好きの人なら趣味の延長で取れる資格かと思います。自分の趣味と知識を生かして、海外のゲストを案内するのも良いでしょう。観光地理とも言われており、旅行
好きの人にもピッタリなジャンルかと思います。
仕事についてもできれば自分の好きなジャンルにチャレンジするのがベストです。

旅行ガイドについて

旅行ガイドについては人気の高い職業です。旅行地に行けるという点からも人気となっています。また最近は2020年の東京オリンピック開催が決定した影響からも注目度がアップしています。日本でオリンピックが開かれるのはそれこそ生涯に1度か多くても2度かと思います。せっかくならなんらかの形で携わりたいところですね。
旅行ガイドについてもそうした職業の1つです。ボランティアなどもあるので、まずは資格取得に目を向けてみてはどうでしょうか?

民間検定についても人気の資格があります。代表的なものとして「旅行地理検定」などが挙げられます。この資格は旅行地理検定協会によって主催されている資格で、就職にも有利です。
この試験は旅行先の知識を活かし充実した旅を実現するために1995年に始まった検定資格となっています。JTB総合研究所が運営している資格です。

「地理検」とも言われており、旅行愛好者や旅行会社への就職に興味がある人から人気です。民間検定の中でもトップクラスの人気となっています。
国内はもちろん海外についても検定があり、1級まではインターネットで受験が可能です。興味がある方は受験してみてはどうでしょうか?インターネットで気軽にできるのもうれしいポイントです。

「インターネット旅行情報士検定」についてもおすすめです。こちらはJTB総合研究所が主催している資格です。
対象者は旅行会社に勤務する人、旅行業界を目指したい人、旅行好きなどあらゆるジャンルの人が対象となっています。インターネットエンドユーザーの資格であり、近年新たにできたものです。

出題範囲はインターネットの仕組みやインターネットを活用した旅行知識、セキュリティやネットワークについても出題されます。旅行が好き、そしてパソコンに強いといった人はこの資格はうってつけです。もちろん実用性もあります。自分が旅行する際、参考になる内容も多々あります。
試験はオンライン試験となっており、自宅で気軽に受けることが可能です。休暇を利用して資格勉強をするのも良いでしょう。
最新の旅行情報を得ることも可能です。自分が知らない思わぬサイトに遭遇することもあります。

インターネットについても絶えず進化し続けており、旅行の上でも必須アイテムとなっています。海外では無料wifiスポットも多いことから、現地でも役立つアイテムとして人気となっています。
オンライン試験についてもチャレンジしてみたいところです。興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。